不正出血

更年期になると、ホルモンのバランスの崩れによる不正出血を起こすことがあります。

女性ホルモンが減少してくることが原因なのですが、更年期の不正出血は、子宮がんなどの病気が隠れている場合もあるのです。

更年期は閉経までの間、月経があったりなかったり、ダラダラ続いたり、量が増えてびっくりしたり、乱れがちになるのが普通です。

女性ホルモンの減少による出血の場合には、ホルモン補充療法がおこなわれますが、病気の場合は早期に対処する必要があります。

更年期におこる月経不順だと思っていたら実は不正出血で病気のサインだったということもあるので、おかしいなと思ったら、専門の医療機関で受診したほうがいいでしょう。

不安なことは少しでも取り除くことが精神的な安定にもつながり、更年期を楽しく乗り切ためにも大切です。

膀胱炎

更年期は、ホルモン分泌のバランスが崩れます。
そのため、心も身体も個人差はありますが様々な症状が出てきます。

更年期を迎えた頃から特に気をつけたい病気もあります。

「膀胱炎」

症状:排尿痛、残尿感
○更年期には女性ホルモンが減少します。そのため、ホルモンの影響を受けていた子宮や膣は小さくなります。
そして、粘膜も薄く弱くなり、潤いもなくなってきます。
菌に対する抵抗力も落ちてくるので、膀胱炎にかかりやすくなるのです。


婦人科系の病気

更年期は、ホルモン分泌のバランスが崩れます。
そのため、心も身体も個人差はありますが様々な症状が出てきます。

更年期を迎えた頃から特に気をつけたい病気もあります。

「子宮がんなどの婦人科系のがん」

症状:不正出血、おりものの異常、腰痛、動悸、息切れ、貧血など

○子宮がんや乳がんなどの婦人家科系のがんは、女性ホルモンの減少が直接的な原因ではありませんが、更年期頃には多くなっています。

生理以外の不正出血などの自覚症状がある場合はもちろんですが、自覚症状がない場合にも定期的に検査を行うことが望ましいです。
乳がんのほとんどは乳房にできるしこりで発見されます。普段から自分でチェックすることも大切です。

糖尿病

更年期は、ホルモン分泌のバランスが崩れます。
そのため、心も身体も個人差はありますが様々な症状が出てきます。

更年期を迎えた頃から特に気をつけたい病気もあります。

「糖尿病」

症状:のどの渇き、頻尿、しびれ、急激な体重減少、倦怠感など

○更年期のホルモンバランスの崩れにより、遺伝以外の後天的要因を作りやすい状況になります。

肥満や、運動不足、ストレスなどが原因として挙げられるため、改善策は適度な運動や、栄養バランスの整った食事、ストレスをためない生活など、普段から意識して取り組むことが、更年期を楽しく上手く乗り切るために重要となります。

糖尿病予防の食事は、甘いものや脂肪の取りすぎに注意し、野菜や海草を多くとるようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。