男性の更年期に増えてくる前立腺肥大

男性の更年期に増えてくる病気に前立腺肥大症があります。

前立腺肥大症とは症状は精液を作っている前立腺が腫れて、尿道を圧迫する病気です。

前立腺が腫れて尿道が圧迫されることで、夜中に何度もトイレに起きたり(夜間頻尿)、尿をしようとしてもしばらく出なかったり、尿をした後にもかかわらず残っている感じ(残尿感)などの症状がでてきます。

日頃から排尿を我慢しないように気をつけたり、冷えや下半身の血行が悪くなると悪化することがあるので、長い時間座ったり冷やさないように気をつけましょう。

前立腺肥大症は60歳前後から増えてくる病気です。

男性の更年期障害で日常生活

男性の更年期障害で日常生活で気をつけること
☆栄養バランスのよい食事

☆リラックスすること

☆適度な運動でストレス発散

☆クヨクヨと悩まない

☆お酒と塩分を控える

食事は和食を中心としたバランスのよい食事を心がけましょう。

なるべく運動もするようにしましょう。適度な運動は脂肪を減らし、男性ホルモン「テストステロン」を活性化させる効果があります。
適度な運動は不眠にも効果があります。熟睡できればうつ病の症状である不眠症も改善されます。

そして何より男性更年期障害で大切なのはストレスをためないことです。

あまり悩まないで、前向きに更年期障害に立ち向かう気持ちが一番大切です。日常生活を改善しながら更年期を乗り切りましょう。


男性の更年期障害の治療法

身体検査、血液検査を行い、男性更年期障害と診断がつけば、ホルモン補充療法として男性ホルモン(テストステロン)を6〜8週間投与すれば、80%の人は症状が改善されます。

男性ホルモン療法の効果がない人はカウンセリング、精神安定剤の投与をします。時には抗うつ剤を投与すると改善する場合もあります。

内服薬もあるのですが、日本では効果の不安定さや副作用の問題で使用できません。現在のところ、男性ホルモンの注射による男性ホルモン補充療法が一般的です。

症状に応じて漢方薬を使用るす場合もあります。

男性の更年期障害は最近やっと認知され始めたので、病院の何科に行けばよいかわからない方もいらっしゃるかもしれません。

倦怠感などを覚えたら、まずは心療内科か内科に行きます。
そこでいろいろな検査やカウンセリングを受けることで、症状によって、精神神経科や泌尿器科を受診することもあります。

なかなか周囲に理解してもらえない男性の更年期障害ですから、迷わずに病院へ行くことが大切です。

男性の更年期障害の症状

男性の更年期障害はどんな症状が出るのでしょうか。

精神症状、身体症状、性機能に関連する症状があります。

精神的には、うつ症状や不眠、体力的には筋力の衰えや体のだるさ、性的には性欲がなくなる、朝立ちの回数が減少するなどの症状が強く現れることです。

神経質でまじめ、責任感や競争心が強く、几帳面またはせっかちな人は男性更年期障害を発症しやすいと言われています。

身体症状には、疲労感、ほてり、発汗過多、頭痛・めまい、筋力低下・筋肉痛、下肢の冷え、骨密度の低下、頻尿、体毛減少などがあらわれます。

性機能に関する症状には性欲の減退、性機能低下などがみられます。

このほかに、皮膚の痒みや、筋肉痛も男性更年期の特徴的な症状です。

運動後の筋肉痛とは違い、肩や腕、足や背中のはりやこわばり等の取れにくい筋肉痛や筋肉のだるさを訴える人が少なくないようです。

男性の更年期障害とは

更年期障害は女性だけではありません。男性にもあるのです。

男性の更年期障害は、ストレスや過労などで、精巣の機能が衰えて、男性ホルモンである血液中のテストステロンの分泌が低下し、自律神経の乱れによっておこります。

40代後半から60代の男性で不況による会社の倒産やリストラ等の社会的なストレスなどから、体の調子が悪い、やる気が出ない、眠れない、心に充実感がないなどの障害があらわれます。

性欲減退やED(勃起不全)だけが男性更年期の主な症状ではなく、疲労感やうつ状態を訴えて男性更年期外来を訪れる人が多いそうです。

女性の更年期障害の悩みもそうですが、周囲にはなかなか理解してもらえず、独り思い悩むこともあるのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。