骨粗しょう症に気をつけましょう

女性は男性に比べると、もともと骨量が少ないうえに、閉経によって骨量がますます少なくなってしまいます。

これは骨の形成を促進して、骨吸収を調整するエストロゲンが更年期で減ってしまうために起こります。

骨のカルシウム分の不足などで骨の密度が低くスカスカになってしまうと、もろく折れやすくなります。これが骨粗しょう症です。

続きはこちら

閉経後に気をつけたいこと

閉経をむかえる更年期は、骨量が急激に減少します。
この時期に骨粗鬆症を起こしている人もいます。

骨量が減少しても、適度な運動を行ない、カルシウム摂取を心がけることで骨量の減少を抑制できます。

バランスの良い食事としましょう。
カルシウムだけでなく、ビタミン・ミネラル・たんぱく質などをバランスよく摂ることが大切です。
野菜や大豆製品もきちんと摂りましょう。

閉経したからといって婦人科と縁が切れたわけではありません。
婦人科では骨密度を調べてくれたりしますので、不正出血などがあればもちろんすぐに受診したほうがいいですが、定期的に婦人科での検診するといいですね。

カルシウムだけではなく、吸収を良くするビタミンDも摂取しましょう。
効率よく吸収するためにお日さまにあたることも大切ですので、ウォーキング等を積極的にするのもおすすめです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。