運動で更年期障害を改善

更年期を女性が迎えると、閉経により女性ホルモンが低下します。
気をつけないといけないのは、高脂血症と肥満です。

更年期障害の症状は人それぞれありますが、ホルモン療法で改善されることは多いですが、副作用を心配される方も入ると思います。

まずホルモン療法を取り入れる前に、運動を取り入れてみてもいいでしょう。

運動により、ホルモンが刺激され、ほてりや不眠などの自律神経失調症の改善、抑うつ状態や不安などの精神神経症が解決される可能性があります。



続きはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。