女性ホルモン

更年期障害に大きく影響している女性ホルモンは、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストロン)の2種類あります。

エストロゲンには母体を守る働きがあり、様々な面で全身にわたる保護作用が働き、女性の健康において重要な役割を果たしています。
女性らしい体を形成したりする、髪を美しくしたり胸を大きくしたりなどは卵胞ホルモン(エストロゲン)の作用です。


もう一つの女性ホルモン、プロゲステロンは妊娠の準備をするために子宮内膜を増殖させてふかふかにし、妊娠した場合にはそれを維持する働きがあります。


続きはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。