更年期障害はいつから始まるの?

いつから更年期というのでしょうか?

閉経前後、5年ぐらいからと言われています。更年期になり、閉経するとホルモンの分泌が急激に減少するため、ホルモンのバランスや自律神経にも大きく影響し、さまざまな不調が起こってきます。この症状を更年期障害といいます。

更年期は日本人の場合、およそ40代の半ばから50代の半ばまで10年間ほどの期間に起こりますが、これも個人差があって、早い人では30代から遅い人で60代半ばまで続く人もいるようです。

更年期の始まりを予告するサインとして生理が不順になります。
卵巣機能の低下から周期や日数に変化があらわれ、周期が短くなったり、
あっという間に終わってしまったり。

急にのぼせたように暑くなって汗をかいたり、いらいらしたりしたら
更年期を意識したほうがいいのかもしれません。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。