更年期障害の症状は

日本人の女性の場合の平均的な閉経期は50歳頃で、更年期とはその前後約10年間のことをいいます。

この時期に人によって様々な体の不調や違和感、いわゆる不定愁訴の症状が現れることがあります。 これを更年期障害といいます。

・のぼせや発汗
・手足が冷える
・寝つきが悪い、眠りが浅い
・不安感、憂うつ
・肩こり、腰痛、関節痛
・めまい・耳鳴り
・動悸、息切れ
・イライラする
・頭痛

上記のような症状があらわれます。
更年期の症状は他人には理解しにくく、身体的な面ばかりでなく、精神的にも不安定な状態に陥りやすくなります。
こんなときこそ家族やまわりの人たちの理解が必要です。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。