婦人科系の病気

更年期は、ホルモン分泌のバランスが崩れます。
そのため、心も身体も個人差はありますが様々な症状が出てきます。

更年期を迎えた頃から特に気をつけたい病気もあります。

「子宮がんなどの婦人科系のがん」

症状:不正出血、おりものの異常、腰痛、動悸、息切れ、貧血など

○子宮がんや乳がんなどの婦人家科系のがんは、女性ホルモンの減少が直接的な原因ではありませんが、更年期頃には多くなっています。

生理以外の不正出血などの自覚症状がある場合はもちろんですが、自覚症状がない場合にも定期的に検査を行うことが望ましいです。
乳がんのほとんどは乳房にできるしこりで発見されます。普段から自分でチェックすることも大切です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。