男性の更年期に増えてくる前立腺肥大

男性の更年期に増えてくる病気に前立腺肥大症があります。

前立腺肥大症とは症状は精液を作っている前立腺が腫れて、尿道を圧迫する病気です。

前立腺が腫れて尿道が圧迫されることで、夜中に何度もトイレに起きたり(夜間頻尿)、尿をしようとしてもしばらく出なかったり、尿をした後にもかかわらず残っている感じ(残尿感)などの症状がでてきます。

日頃から排尿を我慢しないように気をつけたり、冷えや下半身の血行が悪くなると悪化することがあるので、長い時間座ったり冷やさないように気をつけましょう。

前立腺肥大症は60歳前後から増えてくる病気です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/32090760

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。