更年期うつ病とは

更年期うつ病は性ホルモンが急激に減少することから、脳内のホルモンバランスが乱れて起こっていると考えられています。

更年期うつ病の特徴は、自殺率高い事があげられます。
女優の生田悦子さんがご自身の更年期うつ病について告白されていましたが、生田さんも自殺願望があったそうです。

症状としては、やる気がおきない、楽しさを感じられない、不安、いらいら感、不眠などの精神症状が出現します。

更年期うつ病の周囲の人は、うつを理解し、楽に過ごせるように療養環境を整えてあげることが大切です。

叱咤激励は禁物、やらなければいけないことは分かっているのにできないのですから、逆に本人を追い詰めることになります。

まずは専門医に相談し、症状に応じて抗うつ薬、抗不安薬を用いた
薬物療法とカウンセリングなどの精神療法の両面から治療を受けて下さい。
うつ状態は脳内にセロトニンが不足することが原因といわれています。
セロトニンは

更年期うつ病を改善する食材は、体内で合成することができなので、
食事で取る必要があります。

更年期うつ病を改善する食材として、赤身の肉、魚、牛乳・乳製品、卵などが良く、体内にアミノ酸を吸収するためにビタミン、ミネラルも必要です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/29681413

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。