更年期障害と大豆イソフラボン

イソフラボンは最近女性ホルモンのエストロゲンと損た働きをすることでとても注目されています。

イソフラボンは、大豆胚芽に特に多く含まれるフラボノイドの一種で、ダイゼイン、ゲニステインを代表とする15種類の大豆イソフラボンが確認されています。

女性の更年期障害は、のぼせ、ほてり、心悸亢進、発汗、冷え性、憂うつ感、焦燥感、不眠、耳鳴り、記憶力・判断力の低下、しびれ、下痢、頻尿、肩こり、腰痛、全身倦怠感などの症状がでます。

それは女性ホルモンが不足するためにおこるので、女性ホルモンのエストロゲンに損た働きをしてくれるイソフラボンは、更年期障害に有効なのです。

日本では大豆食品がたくさんあります。欧米では、日本人の長寿や骨粗しょう症、更年期障害、乳がんなどの発生率の低さは大豆イソフラボンではないかと注目していて、研究が進められています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。