男性の更年期障害とは

更年期障害は女性だけではありません。男性にもあるのです。

男性の更年期障害は、ストレスや過労などで、精巣の機能が衰えて、男性ホルモンである血液中のテストステロンの分泌が低下し、自律神経の乱れによっておこります。

40代後半から60代の男性で不況による会社の倒産やリストラ等の社会的なストレスなどから、体の調子が悪い、やる気が出ない、眠れない、心に充実感がないなどの障害があらわれます。

性欲減退やED(勃起不全)だけが男性更年期の主な症状ではなく、疲労感やうつ状態を訴えて男性更年期外来を訪れる人が多いそうです。

女性の更年期障害の悩みもそうですが、周囲にはなかなか理解してもらえず、独り思い悩むこともあるのです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。