更年期障害の治療:漢方薬

更年期障害に漢方薬を用いる医師も少なくありません。

のぼせや冷え症など血液の流れの異常による症状、イライラ、不眠、神経質など精神的原因による症状、高血圧に伴う頭痛、動悸、めまいの症状などに合わせて漢方薬を用います。

更年期障害に最も使われる漢方薬は、加味逍遙散、桂枝茯苓丸ですが、
他にも訴える症状によって加味逍遙散なども処方されます。
これらの多くには精神面の改善効果もあり、ストレス性の症状などの改善も期待されます。

ただ、漢方薬は体質に適さないと副作用が出ることもあるため、専門医の指導のもとに治療を進めていくことが大事です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

更年期障害と漢方薬
Excerpt: 更年期障害の治療としては、婦人科へいくとホルモン補充療法を行なうことが多いようですが、乳がんの危険があったり、私のように医者嫌いの方には、漢方を試してみるのはどうでしょう。 漢方薬は、即効性はない代..
Weblog: 更年期@ ダブルはたちの四方山話
Tracked: 2006-11-14 08:31

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。