更年期障害の原因は

更年期(日本女性は大体45才頃から55才頃)、卵巣の機能が衰えてくると卵巣から分泌される女性ホルモン、特に卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量が低下します。

この卵胞ホルモンの低下が脳の中の自律神経中枢の働きを失調させます。

この自律神経中枢の失調が更年期障害の大きな原因なのですが、その他にもストレス、家庭の問題、子供の巣立ちなども重要な発症原因となります。

更年期障害は、他人にはなかなか理解してもらえない部分もありますが、一人で悩まないで、家族やまわりの人にわかってらいながら、上手に乗り切ることが大切です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26875333

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。