更年期障害はいつから始まるの?

いつから更年期というのでしょうか?

閉経前後、5年ぐらいからと言われています。更年期になり、閉経するとホルモンの分泌が急激に減少するため、ホルモンのバランスや自律神経にも大きく影響し、さまざまな不調が起こってきます。この症状を更年期障害といいます。

更年期は日本人の場合、およそ40代の半ばから50代の半ばまで10年間ほどの期間に起こりますが、これも個人差があって、早い人では30代から遅い人で60代半ばまで続く人もいるようです。

更年期の始まりを予告するサインとして生理が不順になります。
卵巣機能の低下から周期や日数に変化があらわれ、周期が短くなったり、
あっという間に終わってしまったり。

急にのぼせたように暑くなって汗をかいたり、いらいらしたりしたら
更年期を意識したほうがいいのかもしれません。



この記事へのコメント
TBありがとうございました
年齢的にはまだちょっと早いかなぁ、と思っていたのですが、かなりの個人差があるんですね

これからもちょくちょく覗かせてもらいます
Posted by can at 2006年11月11日 00:29
canさま。
ご訪問ありがとうございます。
更年期障害は個人差があって、全く感じないまま過ぎてしまう方もいらっしゃるようで。
できれば楽に過ごしたいですよね^^

canさんのHPにお邪魔したのですが、どうしても書き込みできません。どうしてなんだろう?
またチャレンジしてみます!
Posted by 更年期障害とは?更年期を楽しく過ごすために at 2006年11月14日 06:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/26874697

今一度、活性力を甦らせて見たいならば!
Excerpt: 失礼します。トラックバックさせていただきます。 マカの名前が知られるようになって久しい今日この頃。「滋養強壮」「不妊」「更年期障害」と、さまざまな悩みを解消し緊
Weblog: イップス(緊張)な悩み相談を克服しよう!
Tracked: 2007-01-08 13:37

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。