更年期とは

更年期とは、40代半ばから50代半ばの女性に起こる卵巣機能が衰えて閉経するまでのことをいいます。

閉経を前後して、生殖機能を担う卵巣ホルモン(エストロゲン)の分泌量が大きく変化するために、身体的、精神的不調を感じることがあります。

日常生活にも支障がでるほど症状がひどく出る場合を更年期障害といいます。

これまでは女性特有のものだと考えられていましたが、男性にも更年期があることがわかってきました。

男性の更年期は40代後半から60代で、男性ホルモン(テストステロン)が大幅に減少することから起こります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。